読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり未来創造館

ゆとりならではの目線で、世の中の見解を伝えます。

ここまでやるの!?企業に求められる危機管理

 21日午後、東京・あきる野市にある東京サマーランドの波の出るプールで、女性客8人が尻などを切られた。

 被害にあったのは18歳から24歳の女性8人で、このうち、10センチほどの傷を負った女性もいて、カミソリのようなものが使われた可能性があるという。

 また、プールの波は1時間に1回出るが、午後1時の波のあと2人が切られたと訴え午後2時の波のあとに6人が切られたと訴えていた。

 

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160821-00000047-nnn-soci

 

近年、"こんなところで!?"と言った場所での事件やトラブルが多発している。

 

特に、こういった商業施設にて事件が起こった場合、事業者の適正な対応が求められる。

 

コンプライアンスの遵守は当たり前であるが、

危機管理に向けた対応の教育指導までもがもとめられる。

 

これは容易な事ではない。

今回の対応では、来場者全てを一度に移動させる事が難しい自体ではあったが適正に対処出来ていたと思われる。

 

事件を起こした容疑者も分からぬ状況で、

来場者の手荷物検査もスムーズに行えた事は評価できる。

 

これからは何が起こるか予測もつかない時代に突入する。

 

企業にとって如何に的確な対応が求められる。

 

危機管理コンサルタントなど特殊な専門家が必要になるだろう。

親友に同期会で会社を辞めたと話した話

「えっ、会社辞めたの?」

同期会で、大学時代の友人から尋ねられた。

「そう。思い切って辞めた。」

私の答えを聞き、友人はため息をつきながら言った。

「俺も最近、会社辞めようと思っているんだ。お互い大変だな」

友人は続けた。

「俺たちこれからどうなっていくんだろうな。安定したものが見つから無いし不安だよ。」

 

私と友人は、大学時代とても中が良かった。

 

しかし、、、

 

私が会社を辞めた理由は、何かが不満だったわけではない。

 

むしろ逆だ。会社で結果を出し、自分の夢に近づいていくために辞めたんだ。

 

起業して、サラリーマンの時以上に稼いでいる。

 

友人は、不安や不満な気持ちが大きくなっていたのだろう。

 

私たちは能力の差はほとんど無い。

 

同じ偏差値50程度の大学で、同じ学部。

 

サークルとバイト先が違っていた程度だが、それだって大した差はない。

 

就職先だって似たような規模の会社に就職して、働いてきた。

 

ただ、就職してからの◯◯が違っただけなんだ。

 

これが違ったから、大学を卒業しての4年間で大きな差ができた。

 

さて、なにが違ったのでしょう?

 

次の記事に続きます。。。

 

 

 

 

 

新橋よりも凄い!?五反田の飲食店事情


五反田駅とは、みなさんご存知の通り巨大企業が続々と進出を遂げるオフィス街と、住宅街を兼ねたハイブリッドな街です。
駅周辺には、大手の居酒屋チェーンが軒並み揃い、西側は近年独り暮らしエリアとして注目を浴びています。
他にも五反田だからそこ堪能できる、立ち飲み屋やせんべろ店などコスパばっちりな店がひしめいています。

それゆえ、騒がしい繁華街をイメージする人は多いのです。

しかし、、、

ぐるなび」が蓄積する飲食店データから、五反田駅周辺は意外にもあるジャンル店だけが突出していることがわかりました。

東京全体と五反田駅周辺エリアで飲食店ジャンルの占有率を比較してみると、「居酒屋」は東京全体の21.8%に対して、五反田駅周辺は35.4%と非常に高い結果に。
参考として、同じくサラリーマンの聖地新橋駅周辺の専有率が25.1%と比較しても五反田は秀でていることがわかります。

つまり、五反田は新橋よりも飲み屋が見つけやすいという事です。

あの新橋よりもですよ?

TVで酔っ払いサラリーマンの取材があれば、
間違いなく新橋駅前で取材を行っています。

という事は、居酒屋選び放題って事ですよ!

夢が膨らみますね。

隠れた名店が軒を連ねて待っています。

五反田で呑むのもいいなって思いますよね(^^)


どんなお店があるかって?

それは次回紹介します。









五反田ゆうぽうとが知らない間に閉館してました。

五反田の複合施設「ゆうぽうと」(品川区西五反田8)が9月30日、閉館していました。

ゆうぽうとは33年前、1982(昭和57)年に開業しました。ホテルや結婚式場、宴会、レストラン、フィットネスクラブなどの複合施設です。ソフト面では、着付けや書道などを学べる講座、囲碁・将棋サロンなどのカルチャースクールなど多岐にわたり運営していました。

これに伴い、バレエ公演を中心に音楽コンサートや企業の説明会なども行っていた、ゆうぽうとホールの営業も終了しました。

私自身、会社の会議などで会議をしたり、懇親会をしたりと思い出深い場所でもあります。

閉館の理由は「建物の老朽化。修繕には大きなコストがかかるため、閉館する運びとなった」という事です。

しかし、、、

今時の鉄筋コンクリートの建物が、建築からたった33年で使用不可になるものなのかと疑問を持ちました。

修繕には大きなコストがかかるとの事ですが、定期的なメンテナンスが不足していたのでしょうか?

どちらにしても、五反田の一等地に門を構えていたゆうぽうと

2020年の東京オリンピックに向けて、有効な土地利用方法を考えて欲しいものだ。

五反田の行きたい時だけ行けるジム

たまには運動したい!友人や恋人と一緒にジムで汗を流したい!仕事の後でも体を動かしたい!と思ったことはありませんか?

しかし、、、

一般利用出来るトレーニングセンターってなかなかないですよね。
実は、五反田に公共施設なのに、十分満足できるジムがあったんです(^^)

その名は品川区総合体育館。
f:id:k08te061:20160420201255j:image
出展:品川区スポーツ協会
夜21:30まで利用できます。

1回200円という破格の安さで利用でき、温水プールも追加料金350円にて利用可能です!平成18年4月より、この施設は、品川区日野学園との複合施設として新規オープンしているため、施設は大きく何と言っても広いのでオススメです。

区民でなくても利用できるのが魅力。

プールをご利用の方は10円玉を1枚持参しましょう。更衣室のロッカーで10円玉が必要です。

しかし、更衣室内に両替機はありません。両替したい場合はプール場内まで行って監視員に申し出るか、プール自動改札の外にある体育館受付で両替することになります。

プールご利用の際は10円玉持参で行きましょう。

スーパーに見る五反田の可能性

五反田ソニー通り沿いにあるライフ。
店舗も新しいので、いつオープンしてどういった客層に向けて営業しているのか調べてみました。

2015年5月28日にオープン。
敷地面積は約300坪です。
この辺りの地価は133万円/平米です。
高いんだか、安いんだか。。

ターゲットは地元住民や付近で働くビジネスパーソン
なのでお惣菜にしても、大きなパックのものよりも、小さな少人数用が豊富です。

さらに管理栄養士監修のお弁当まで取り扱っています。

広報担当者によると、五反田は都心の重要エリアと考え人の流入が多く需要が見込まれるとの事でした。

確かに五反田は、東京オリンピックに向けて、
再開発も進んでいますし、これからの東京を担っていく基盤的存在であり続けるでしょう。

また、ライフの商品ライナップが、ちょっと贅沢を届けられるといのも大切にしているので、五反田周辺の経済的発展にも目が離せません。

電源を取れるカフェを探していたら...

良質なサイトに出会ってしました。。


以前、五反田の充電できるカフェをテーマに記事を書いた事がありました。

電源のあるカフェで過ごしたい。in五反田

やはり、スマホやパソコンなど電子機器を持ち歩くので、電源の確保は大きな課題でした。

しかし、、、

ふらっと訪れるだけでは、電源を確保出来ないことが多々ありました。

そこで、より快適な充電ライフを過ごすために検索していたところ、こんなサイトに出会いました。

その名はバックスペース
http://hack-space.com/itiran.php?word=五反田&submit=検索する

上記URLは五反田を検索したものですが、こういった風に、店舗の営業状況から電源情報、さらにwifiまで調べることができます。

これだと、自分の活動範囲に合わせて色々調べることができますね。

電源に困ったら是非利用してみてください。