読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり未来創造館

ゆとりならではの目線で、世の中の見解を伝えます。

ミスドの100円セール取りやめに物申す。

ミスタードーナツを運営するダスキンは、2020年までに全国約1300店舗のうち1000店舗を改装する。

新店舗では主力製品を値下げする一方、既存店舗で人気の100円セールやグッズキャンペーンは取り扱わない意向だ。すでに、甲子園前をはじめとする12店舗がリニューアルオープンしている。これらの店舗で検証のもと、全国に広げていく計画だという。

BuzzFeedの取材に対し、ダスキン広報は「住宅街では、広いスペースをとったカフェスタイルにしていく予定です。”ミスタードーナツ”のブランドを活かしたいので、100円セールやおまけなどの付加価値はつけないで勝負したいと考えています」と答えた。

改装された店舗はカフェを思わせるような洗練された空間と、”手作り感”を伝えるためのオープンキッチンを採用。新タイプの店舗では、100円セールやキャンペーンは実施しないものの、主力製品を値下げして販売している。

「基本は、ポン・デ・リング、オールドファッション、フレンチクルーラーがベースになりますが、店舗と時期によって値下げする商品を変えて、検証していく予定です」

これらは、140円のものを108円で提供される。一部商品の価格を見直し、大安売りはしないという戦略をとるのだろう。もちろん、検証しながら広げていくとしているので、今後変更する可能性もある。

ミスタードーナツ、店舗をテコ入れ。100円セール終了も
2014年から急激に売上が落ちているわけではない。拡大写真
ドーナツ市場でよく語られるのは、セブン-イレブンをはじめとするコンビニドーナツの参入だ。価格帯が100円程度と安いため、人気を博しつつある。2015年度は400億円の売上を見込むという。


今回の改装でミスタードーナツは全店舗の76.9%にも及ぶ店舗の改装を計画している。

また販売方法においても、今まではセールを行ったり景品を用意していたが、今後は基本の価格帯を改定しコンビニに並ぶ価格競争をする。

確かに消費者にとって価格が安いことは1つの魅力である。だが、価格が安いだけでは継続性にかけてしまう。値段が安いからという理由だけで毎週のように通うことは考えにくい。

ミスタードーナツはコンビニとは違う店舗型である事を大きな特徴と考え、コンビニには出来ない価値の提供をしてほしい。