読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆとり未来創造館

ゆとりならではの目線で、世の中の見解を伝えます。

東急池上線の五反田駅改札に行くのが辛い。。。

利用者に苦行を強いるようになったその訳とは。

 

東急池上線は、山手線の五反田駅京浜東北線蒲田駅を結ぶ路線である。その池上線の起点である五反田駅のホームは、なんと地上4階の高さにある。山手線から乗り換えるには、長いエスカレータか階段を上らなくてはいけない。

かつては大きな野望を持っていた東急池上線

東急池上線五反田駅は、駅ビルが起点である。それはなんと池上線にはかつて大きな構想があったからだ。五反田駅から先の白金方面に延伸する計画だ。そのためには高架の山手線を乗り越えなければならないので、地上4階という非常に高い位置にホームが作られた。

 

しかし、、、

 

その進路には駅ビルが建てられている。夢は絶たれたのだ。

東急池上線のルーツ、池上電気鉄道池上本門寺への参詣客を輸送する目的で、当初目黒と大森を結ぶ計画だった。

 

がしかし、、、

 

用地買収問題で建設が停滞した。その矢先に池上~蒲田間が先に開業してしまった。そのまま洗足池への観光客を目当てに延伸し、目黒を目指した。

 

ところが、、、

 

その計画と完全に並行する路線を、目黒蒲田電鉄が先に開業させてしまったのだ。池上電気鉄道は延伸先を五反田駅へ変更することに。

当時の池上電気鉄道五反田駅は、現在の大崎広小路駅。池上電気鉄道の経営は厳しく、目黒川を越える鉄橋を作る資金がなかった。

経営の厳しい池上電気鉄道だったものの、都心へ延伸すれば起死回生のチャンスがあると考え、白金や品川方面への延伸を試みた。その足がかりとして、山手線と接続する現在の 五反田駅を作った。

 

しかし、、 、

 

今度は東京地下鉄道が馬込への地下鉄路線の免許を取得し、京浜電気鉄道と乗り入れる計画を発表。これで池上線の延伸計画は中止した。

本当は東急池上線は利用者に苦行を強いるつもりではなく、より利便性の高い運行ルートを模索しての結果であった。

東急池上線五反田駅を利用するには、ちと面倒がかかるが、私はこの駅を利用するたびにこの話が頭をよぎるだろう。